草食系男子専用風俗

草食系男子とは、女性に性的興味を抱かない男性の事でしたが、
本当は違っています。
そもそも、風俗=肉食的行為と考えている人は多いが、
そう断ずること自体間違いです。
日本の風俗業界は、世界的に見ても異常なほど細分化されていますが、
最近、その中でもマニアックな位置づけだった”草食系風俗”に、
20代を中心とした客が増え、脚光を浴びてきている。
キーワードは、『触れない』『挿れない』『しゃぶらせない』
“そんなもん気持ちよくない!”とおっしゃる人こそ肉食系。
ちなみに、肉食系風俗を代表する「低価格箱型ヘルス」は現在斜陽です。
では、具体的にに草食系風俗とはどんなものなのでしょう?
まず『オナ見せ』です。
7~8年前から流行り始めた形態で、文字通り、
店の女性とオナニーの相互鑑賞をするというプレイ。
オプションによっては、
コスチュームチェンジやオナニー補助もしてもらえますが、基本的には鑑賞。
60分10000円程度の料金と、
ソフトプレイなので在籍している女性のグレードが高いのもポイント。
草食系男子曰く、『ハイグレードオナニー』だとか。
セックスを「労働」または「奉仕」と受け止める草食系男子が多く、
“自分だけ気持ちよくなるわけにはいかないので、
頑張るのだけど、それってちょっと面倒”とか
“風俗のほうが時間で割り切れる分、
恋人とデート込みのセックスよりも結果的に支出が少ない”と断ずる人もいる。
ぶっちゃけるならば、婚活女性の当面の目標は、
『いかにオナニーより、生身のほうが気持ちイイか』
を伝道することなのかもしれないですね。
男性はAV等を見てのオナニー、女性は電マの方が気持ち良く、
異性との面倒な付き合いよりも、手軽なエッチを選んでるんだと思います。
草食系男子も、オナクラに飽きたら、温泉で有名な大分の大分 デリヘルを見て、
次のステップに進む事をお勧めします。